(イシグシク)

石グスク

所在地:大宜味村字津波

国頭村史によれば、石グスクは平南川の西方丘陵上にあり、赤土の地山から突き出た石灰岩の小丘であると され、そこにある半洞穴の拝所のことを言う。おそらく平南村がここにあった時の拝所であろうと記され、明治36年 に平南村が津波村に吸収された時、拝所だけが残ったのだろうと推測されています。
現在、果樹園の敷地内にあり、入るのがためらわれる所です。

石グスク!  
 撮影:石グスク方面を望む

  ★グスクの概要

  史跡指定:ナシ

    ・築城者: ?

    ・築城形式:?

    ・標高:約120m

    ・面積:  ?


案内地図

石グスクへの案内図

平南橋の手前約640mに、きゅうな牧場入口の案内板がある広場が
あり、自動車整備工場や食事処等もあります。そこの入口から約
1.2㎞程進んだ右側に果樹園の入口があります、石グスクはその果
樹園内にあるようです。

グスクの半洞穴

.

石グスクの半洞穴

ページの先頭へ戻るグスク一覧へ戻る

inserted by FC2 system