(キジョカグスク)

喜如嘉グスク

所在地:大宜味村字喜如嘉

喜如嘉グスクは、喜如嘉集落の南方標高約89mの国頭マージと呼ばれる丘陵上に位置する。
このグスクについては、「沖縄の城跡」の新城徳祐著書で根謝銘グスクの出城ではないかと記されている事と、 大宜味村教育委員会発行の遺跡分布調査報告書による、いつから「グシク」と呼ばれていたのかも分からない とされるグスクですが、「琉球グスク研究」當間嗣一著書の中ではグスクとしての縄張り図が作成されています。 又、「土より成るグスク」のほとんどが調査され縄張り図まで作成されているので、これからグスクを訪れる 方は、ぜひお読みください。

喜如嘉グスク!  
 撮影:集落内よりグスクを望む

  ★グスクの概要

  史跡指定:ナシ

    ・築城者: ?

    ・築城形式:?

    ・標高:約89m

    ・面積: ? 


案内地図

喜如嘉グスクへの案内図

喜如嘉グスクへは、国道58号線を右折して喜如嘉集落に入り、
公民館を過ぎて七滝入口を目指します。七滝入口脇に水源地への
道が取り付いており、グスクの登り口でもあります。

国道58号線を右折

.

国道58号線を北上し、喜如嘉の構造改善センター前を右折して
進みます。

公民館前を直進

.

約240m位進むと、左側に公民館があります、さらに約400m位進
むと七滝入口が右側にあります、手前右側が水源地入口です。

グスク入口

.

七滝入口の手前約20mの右側斜面に、水源地への道が取り付いてい
る、この道を確認した時は夏場のことで残念ながまだ未踏です。探訪
出来たら写真を追記しようと思います。

公民館方面へ右折

.

構造改善センター向けに入り約160m進むと、芭蕉会館の案内看板が
右側に見えてくるので右折して進みます。

ページの先頭へ戻るグスク一覧へ戻る

inserted by FC2 system