(コーチグスク)

幸地グスク

所在地:西原町字幸地

グスクは、幸地公民館の東側丘陵に築かれたグスクで、南北に長く馬場跡や峰道(ハンタ道)が通る珍しいグスク と言われ、櫓台や井戸跡等も残っています。
一説では、15世紀前半に、伊波按司(石川市の伊波按司)の2代目から分家してきた者が幸地按司と称しグスクを築いた と伝えられています。又、グスクの入口に建つ説明板には、幸地按司に関する説明や縄張り図が記載されています。

幸地グスク!  
 撮影:馬場跡よりグスクを望む

  ★グスクの概要

  史跡指定:ナシ

    ・築城者:幸地按司

    ・築城形式:連郭式

    ・標高:約100m

    ・面積:?


案内地図

幸地グスクの位置図

グスクへは、坂田交差点を首里向けに進み、県営坂田高層住宅前の
交差点を左折して幸地集落向け進みます。空手道場のある交差点を
左折して集落内に入り道なりに進むと突き当りの右側がグスクです。

櫓台の中の拝所

.

見張り台だったとも言われる櫓台跡にある拝所です。

井戸跡

.

幸地グスクガーと書かれた井戸跡です。生きている様で周りが綺
麗に清掃されています。

櫓台入口

.

馬場跡側に建つ説明板の背後に、グスクで一番高い所の櫓台への階
段があります。

櫓台下の郭

.

櫓台下にある郭で、井戸跡や土塁等の施設が残っています。園路も
整備されサクラが綺麗に見えました。

グスクの遠望

.

坂田高層住宅の交差点を過ぎた辺りから撮影したグスクです。

ページの先頭へ戻るグスク一覧へ戻る

inserted by FC2 system