(キュウナグスク)

喜友名グスク

所在地:宜野湾市字喜友名(山川原)

喜友名グスクは、その姿を消すまでは、城壁で囲まれたグスクだったそうです。当初は、郡道建設で 南半分が無くなり、戦後、米軍基地の住宅建設で残りが取り壊されその姿を消したそうです。現在では、ここに グスクが存在したことさえ人々の記憶から忘れ去られたグスクの一つです。

喜友名グスク!  
 撮影:喜友名バス停留所を望む

  ★グスクの概要

  史跡指定:ナシ

    ・築城者:?

    ・築城形式:単郭式

    ・標高:約60m

    ・面積:約2,000㎡(喜友名遺跡群)より


案内地図

喜友名グスクの位置図

現在の喜友名バス停留所から東側数10m離れた丘陵一帯にあった
とされています。

ページの先頭へ戻るグスク一覧へ戻る

inserted by FC2 system