(オオジャナクガニムイグスク)

大謝名黄金森グスク

所在地:宜野湾市字大謝名

天女の子と言われる中山王「察度王」の若い頃、勝連按司の娘を嫁にもらい国中の話題になります。 その時の彼の持っていた畑から黄金が取れた事から、この地に楼閣を建て金宮と名付けたそうです。現在、拝所 と石積みの根石が見られるだけです。

大謝名黄金森グスク!  
 撮影:黄金森グスクを望む

  ★グスクの概要

  史跡指定:ナシ

    ・築城者:?

    ・築城形式:単郭式

    ・標高:約30m

    ・面積:約150㎡、城壁:東西約15m、
        南北約10m、高さ1.2m


案内地図

大謝名黄金森グスクの位置図

グスクへは、大謝名交差点を真栄原向けに約600m程進んだ右側に、
岩盤浴のお店のある脇道がありますので右折して入ります。道な
りに進んだ先の右側にそれと分かるグスクがあります。

城壁の根石

.

今は、周りに城壁は見えませんが、よく見ると根石は残つていま
す。

グスク内の拝所

.

民家の側にそれと分かる森があり、中に入ると拝所が二つあります。

グスクの標識

.

黄金森グスクの伝説の書かれた説明板が建てられています。

ページの先頭へ戻るグスク一覧へ戻る

inserted by FC2 system