(チチンダグスク、チキンタグスク)

津喜武多グスク

所在地:西原町字小波津

西原町の小波津団地西端の丘陵に築かれたグスクです。団地造成工事で大部分が破壊され、遺構を 見ることは出来ません。現在では、一際目立つ津喜武多御嶽の山だけがこの地にグスクがあったことを物語 っています。
築城者としての伝承の按司では、中北山系の今帰仁世の主の4男説と伊波按司の2男説があります。

津喜武多グスク!  
 撮影:津喜武多グスクを望む

  ★グスクの概要

  史跡指定:ナシ

    ・築城者: ?

    ・築城形式:?

    ・標高:約60m

    ・面積:  ?


案内地図

津喜武多グスクの位置図

グスクへは、小波津団地の南側にある、左端の入口を目指します。
入口左側の丘陵がグスクで、団地に入り2つ目の脇道正面にグスク
への入口があります。

グスク入口

.

団地に入り、2つ目の脇道からグスク入口のある丘陵を見ました。

丘陵の南側の畑

.

御嶽下の南側中段に畑があり、郭の削平地と間違いそうです。

標柱の建つ位置

.

グスクを示す標柱の建つ位置は、団地入口の左側にあります。写真
を見たら入口に見えますので間違わない様に注意して下さい。

グスクへの階段

.

グスク入口から津喜武多御嶽の丘陵下まで階段が続いています。

御嶽下の墓

.

津喜武多御嶽下の北側にある墓ですが、これはグスクと関連性の
無いものらしいです。

ページの先頭へ戻るグスク一覧へ戻る

inserted by FC2 system