(アラグシクグスク)

新城グスク

所在地:八重瀬町字新城小字北滝川原

新城グスクは、新城集落の西北丘陵に築かれたグスクで連郭式のグスクと言われています。 西北側や東南側に城壁が残っていたと言われますが、現在、南側の大部分が住宅地で北側が公園に なっており、残っているかどうかも分からない状態です。

新城グスク!  
 撮影:グスクの説明板と公園内

  ★グスクの概要

  史跡指定:ナシ

    ・築城者: ?

    ・築城形式:連郭式

    ・標高:約90m(三角点)

    ・面積:  ?


案内地図

新城グスクの位置図

新城集落の西北の丘陵は一際目立ちますので、集落内の道路か
ら丘陵を目指せば丘陵の公園に着きます。

公園内からの遠望

.

公園内からの遠望で、遠くに玉城グスクや糸数グスク等が見えま
す。

説明板

.

公園内の左端に建てられている説明板です。

公園内

.

こじんまりしたきれいな公園で「新城神宮]や展望台等も設置され
ています。

新城神宮背後の大岩の拝所

.

新城神宮の背後に大岩があり、その背後の崖側に古い拝所がありま
す。

ページの先頭へ戻るグスク一覧へ戻る

inserted by FC2 system