(フェンサグスク)

フェンサグスク

所在地:糸満市字名城

糸満市字名城集落の外れ、標高約25mの北側丘陵に築かれたグスクです。築城時期や築城者は 不明といいますが、南山グスクから来たという「タルマサ王」の伝承が残されています。
グスクの城壁遺構等は北東側から内部を囲む様に巡らされているといいますが、雑木林に阻まれて見る事が かないませんでした。現在、グスクは全域が名城集落の聖域となっているそうです。

フェンサグスク!  
 撮影:道路沿いから見たフェンサグスク遠望

  ★グスクの概要

  史跡指定:ナシ

    ・築城者: ?

    ・築城形式:?

    ・標高:約25m

    ・面積: ?


案内地図

フェンサグスクの位置図

グスクへは、糸満市の市街地から南部病院向けに進み、南部病
院を過ぎて、その先の真栄里(南)交差点を右折して名城向け
に進み、集落最初の脇道に入る、突当り右側がグスクです。

拝所「大殿内のトン」

.

大殿内のトンと書かれた拝所です。

拝所の風景

.

拝所の右側の風景と背後の丘陵です。

グスクへの入口

.

真栄里(南)交差点より約530m程で集落入口です。右側のグラン
ドゴルフ場の脇道に入り、進んで突当り右側がグスクです。

グスクの拝所

.

大殿内のトン拝所の右側にある拝所ですが、名前は分かりません。

グスク内部

.

丘陵の内部を見たくて、入り口を探しましたが草木に覆われて見つ
ける事が出来ませんでした。

ページの先頭へ戻るグスク一覧へ戻る

inserted by FC2 system