(マエヒラグスク、メェダイラグスク、宮里嶽)

真栄平グスク

所在地:糸満市字真栄平(通称:後原)

真栄平集落の北東、通称後原と呼ばれる石灰岩丘陵に位置するグスクで、グスクとしての 城郭遺構は見当たらず、拝所や古墓等があり聖域的な性格をもつグスクと見られています。
第一尚氏王統の「尚徳王」の死後クデーターが起こり、世子が殺され首里グスクの崖下に捨てられた、 俗に「クンダグスク」と呼ばれる所です。後世に真栄平の男の人が、このグスクの霊験のある骨を 郷里の「宮里御嶽」に手厚く葬った、その御嶽が真栄平グスクと言われるそうです。

真栄平グスク!  
 撮影:道路沿いの真栄平グスク入口階段

  ★グスクの概要

  史跡指定:ナシ

    ・築城者: ?

    ・築城形式:?

    ・標高:約100m

    ・面積:  ?


案内地図

真栄平グスクの位置図

真栄平グスクも探しやすいグスクの一つと思います。新垣集落から
真栄平集落向けに進み、真栄平バス停留所の手前左側の脇道に入り
約430m程進んだ右側にグスクがあります。

グスク入口

.

真栄平集落に入り、約430m程進んだ右側のグスク入口付近です。

グスクの拝所

.

見たことのない様な綺麗な拝所です。

拝所背後の古墓

.

拝所の背後にある古墓です。

グスク概略図

真栄平グスクの概略図

階段を上がった上は広場になっており、拝所や古墓が見られます、
集落の綱引きや行事が行われる場所であるといわれ、聖域的な性格
のグスクと見られています。

グスク内

.

道路側の階段を上がるとグスクの広場に出ます。集落の諸行事が
行われる場所だけに整然としています。

拝所背後のイビ

.

拝所の背後にあるイビの大岩です。

古墓?

.

古墓の側のもう一つ墓です。

ページの先頭へ戻るグスク一覧へ戻る

inserted by FC2 system