(ウッカグスク、オオカワグスク)

大川グスク

所在地:南城市玉城字當山

第一尚氏王統「尚泰久王」の長男で兄の安次富金橋と共にこの玉城の富里・當山に田舎下り した三津葉多武喜は安次富グスクの側の大川グスクに居住していたと伝わります。この大川グスク は城壁もないことから、一時の居住地だったと推測されています。

大川グスク!  
 撮影:大川グスク方面を望む

  ★グスクの概要

  史跡指定:ナシ

    ・築城者:三津葉多武喜

    ・築城形式:?

    ・標高:?

    ・面積:?


案内地図

大川グスクの位置図

大川グスクは安次富グスクの側に位置しますが、付近は木々に覆
われて入れずその屋敷跡は確認できませんでした。

道路側より

.

道路側よりの撮影です。

ページの先頭へ戻るグスク一覧へ戻る

inserted by FC2 system