(セソコグスク・ウチグスク・東の御嶽)

瀬底グスク

所在地:本部町字瀬底前原

瀬底グスクは、瀬底集落の南東標高約65~70mの通称「ウチグスク山」に位置するグスクで、東の御嶽 又はムーチースネードクルとも呼ばれています。又、瀬底グスクは村落発祥の地とも云われ、集落の主な祭祀も ここで行われると言います。グスク入口の鳥居や祠は、1991年にウフシヌハーなる人が建てたものだと言われています。

瀬底グスク!  
 撮影:瀬底グスク入口の鳥居と拝所

  ★グスクの概要

  史跡指定:ナシ

    ・築城者:  ?

    ・築城形式: ?

    ・標高:約65m~70m

    ・面積:   ?


案内地図

瀬底グスクへの案内図

瀬底公民館を左に見て約200m弱進むと、左側に集落に入る道があ
り左折して入り、道なりに進むと突き当たるので右折します。少
し進むと左側に女神様の拝所があり中に入ります。拝所脇の農道
を約160m位進んだ右側がグスクになっています。

グスクの入口付近

.

2018年3月の現状です。2度目に訪れた時期が悪かったのか草木に
覆われ、どこがグスクか分からない状態でした。

瀬底の土帝君

.

沖縄県内で最も大きいと言われる農業神「土帝君」です。1999年
国の重要文化財に指定されています。

女神様の入口

.

道路突き当りを右に少し進むと左側に女神様の入口があります。中
に入り、迷惑にならない様に車を停めてグスクを目指します。

公民館と土帝君入口

.

瀬底大橋を渡り集落内を進んで行くと左側に瀬底公民館があり、
公民館への脇道を入ると左側に土帝君入口があります。

女神様の拝所

.

女神様の拝所です。整然としています。

ページの先頭へ戻るグスク一覧へ戻る

inserted by FC2 system