グスクへの道標

沖縄本島のグスク案内サイト
沖縄の各地に残るグスクには、魅力的なグスクがたくさんあります。晴れた日には友達誘ってグスク探訪に 出掛けてみませんか。


ロゴ画像

撮影:屋我グスクの内部。

沖縄県:名護市位置図     

屋我グスク


(ヤガグスク)
所在地:名護市字屋我阿太伊原

★グスクの概要

    ・史跡指定: ナシ

    ・築城者: ?

    ・築城形式:?

    ・標高:約36m

    ・面積:  ?

    写真集を見る(22枚)


●屋我グスクは、屋我集落の北側、独立した丘陵上に築かれた古いグスクで、丘陵一帯が屋我集落跡だと言われてい ます。丘陵の頂部には大岩に囲まれた小さな広場があり、入口(城門跡?)を入ると正面左側にグスクのイビが見え、大岩の 間を埋める様に野面の石積みが築かれています。


案内地図

写真1

古宇利島向けに進み、屋我集落を過ぎると給油所がある交差点に出る。直進してさらに進むと右側にポンプ場が見えてくるのでポンプ場の脇道を入る、丘陵を切り取って作られた農道の右側斜面にグスクの入口が開いています。

グスク概略図

写真2

丘陵の東側に露出した琉球石灰岩の小丘があり、その上にグスクが築かれています。

写真3

GSスタンドを過ぎて進むと右側にポンプ場が見えます。脇道を入り丘陵を目指します。右側の丘陵がグスクです。

写真4

丘陵の右側斜面に取り付いたグスク入口。

写真5

グスク内部の通路は歩きやすい状態です。

写真6

グスクの大岩下の通路脇に鍛冶跡の拝所と思われる拝所があります。

写真7

グスクの大岩下を回り込むように道が城門へ続いています。

写真8

丘陵東側の石積みで築かれた通路を辿って行くと城門跡?です。

写真9

頂上部の大岩に囲まれた空間は、大岩の間を埋める様に野面の石積みで広場を形成しています。

写真10

グスクの頂上部を取り囲むように巨岩が露出しています。

写真11

大岩の間を埋める様に積まれた石積みです。

写真12

露出した巨岩の間を埋めるように城壁が積まれています。

写真14

屋我グスクの内部です。


ページの先頭へ戻る

copyright© 2018 Hirata chikudono Pechin All Rights Reserved.

inserted by FC2 system