(グシチャーグスク)

具志川(うるま市)グスク

所在地:うるま市具志川字具志川小字下敷原

具志川グスクは、うるま市の具志川集落の東側、海岸にせり出した独立石灰岩丘陵上に築かれたグスクです。  北側・東側・西側の三方は険しい崖になっており、南側の低くなった所に城門跡があります。標柱の建つグスク入口を入り 大きく湾曲した細い崖道を上ると視界が開け正面に「ナームイヌ御嶽」がみえます、ここは神聖な場所で草木一本でも持ち出せ ば神罰が下ると言われた地です。
このグスクは、初代安慶名大川按司が二男天願按司を派遣し築かせたともいわれるが、二代目安慶名按司が三男を具志川グスク に配したとも言われています。

具志川(うるま市)グスク!  
 撮影:北側より具志川グスクを望む

  ★グスクの概要

  史跡指定:ナシ

    ・築城者:一説では初代安慶名大川按司二男
          天願按司

    ・築城形式:?

    ・標高:約30m

    ・面積:?


案内地図

具志川(うるま市)グスクへの案内図

グスクへは、県道8号線の金武湾入口交差点から県道37号線に入り、
海中道路方面へ約850m程進むと左側に集落外れの一軒家がありそ
の側の脇道を入るとグスク入口があります。

グスク入口

.

民家の側にヤード入口があり、入って少し進むと右側にグスク入
口があり標柱がみえます。

城門への道

.

標柱脇を通り進むと、左側の崖沿いに城門へ続く道があります。
又、真っ直ぐには海岸へ続く道が見えます。

城門跡

.

崖道を上ると城門跡で根石もはっきり残っているようです。右手
に標柱があります。

ナームイヌ御嶽

.

城門跡を入った正面に見える御嶽です。ここは神聖な場所で、草
木1本でも持ち出してはいけないと言われた所です。

御嶽の左側

.

「ナームイの御嶽」の左側の広場です。奥に丘陵の北側に行ける
様な道が見えます。

崩れ落ちた石積み

.

城門横には大量の崩れた石積みが見えます。

崖沿いの石積み

.

崖沿いの石積みです。

グスクの概略図

具志川(うるま市)グスクの概略図

グスク入口からS字に近いグスク道を登ると、右側の崖上に崩れた城
壁が見え、その先に根石の残る城門跡があります。中に入ると左側の
崖上に野面積みの城壁があり、正面にナームイヌ御嶽が見えます。

城門への道

.

標柱の側を通り城門へ続く道です。

海岸への道

.

左側崖沿いの城門へ続く道の正面に見える海岸へ降りる道です。用
水井「ヒチナハガー」への道と思われますが・・・

城門への道

.

城門跡から登って来た道を振り返って見た写真です。左側には崩れ
た城壁があります。

御嶽右側の郭

.

「ナームイの御嶽」右側に一段と高くなった郭があり、主郭の様に
見えますが・・・

丘陵北側の郭

.

丘陵の北側の郭の状況です。見通しが聞かず入るのを諦めました

断崖上の石積み

.

城門跡を入ると左側崖沿いに野面の石積みが見えます。

ヒチナハガー

.

グスクの崖下海岸沿いに用水井と言われるヒチナハガーがあります
。現在、井戸は枯れています。

ページの先頭へ戻るグスク一覧へ戻る

inserted by FC2 system