(イソグスク・イージュグスク)

伊祖グスク

所在地:浦添市伊祖

浦添市の伊祖公園背後の独立した石灰岩丘陵に築かれたグスクです。天孫子の流れをくむと言われる 英祖王の父祖代々の居城と伝えられており、一説では1260年、瞬天王統三代「義本王」に政権を譲位され、英祖王統 が開かれた時に廃城になったとも言われています。
・太陽の子伝説・・・インターネットで検索して下さい。

伊祖グスク!  
 撮影:パイプラインより伊祖グスクを望む

  ★グスクの概要

  史跡指定:県指定史跡

    ・築城者:?

    ・築城形式:連郭式

    ・標高:約50m~70m

    ・面積:4,881㎡


案内地図

伊祖グスクへの案内図

伊祖グスクは、パイプライン沿いの伊祖公園内にあり園路やグス
ク内も整備され、安心して散策できます。トイレ・駐車場も完備
されています。

グスク入口

.

園路沿いに入口の石段と手摺の付いた木製の立派な階段があり、
上がると鳥居のある城門跡への石畳道が続いています。

伊祖神社

.

主郭と言われている広場に伊祖神社が見えます。これは1935年に
城内の拝所を合祀した所だそうです。

神社西側の石積み

.

伊祖神社の西側断崖に沿って残っている野面の石積みです。

南側の石積み

.

南側の先端部西側に残る石積みです。草木に覆われていますが、
原形を保っています。

南側の石積み

.

南側の先端部西側に残る石積みです。手前にも石積みが見えます
が形状がはっきりと見えませんでした。

グスクの概略図

伊祖グスクの概略図

英祖王の父祖代々の居城にふさわしい堅固な構えのグスクになっ
ています。一番高い所がアザナ(見張り台)、その下に石積みで
囲まれた広場、更にその下に城内の拝所をまとめた伊祖神社、井
戸跡等のある郭からなっています。

城門跡への石畳

.

城門跡から石畳道を振り返えって見ました。下の方の左側に石段が
見えます

アザナへの石段

.

アザナへの石段です。最初に登った所は、石積みに囲まれた広場で
次に登った小さな広場の左側にアザナへの石段があります。

南側の石積み

.

南側の先端部東側に残る石積みです。何か複雑な石積みに見えます
が草木に覆われハッキリしません。

グスク下の石畳

.

グスク入口から左側に続く石畳道です。グスク南側の先端部下迄
続いています。

グスクの説明板

.

グスクの説明板です。由来や縄張り図が描かれています。

ページの先頭へ戻るグスク一覧へ戻る

inserted by FC2 system