(カデナグシク)

嘉手納グスク

所在地:嘉手納町嘉手納(中央公民館民族資料室)

嘉手納町嘉手納、現在の中央公民館の東寄り一帯に築かれていたグスクです。このグスクは、 4代目屋良大川按司の二男「嘉手納子」が見張り役として嘉手納に配置され築いたグスクと伝わってい ます。中央公民館の建設や住宅開発で消えたグスクです。

嘉手納グスク!  
 撮影:中央公民館方面を望む

  ★グスクの概要

  史跡指定:ナシ

    ・築城者:4代目屋良按司二男「嘉手納子」

    ・築城形式:?

    ・標高:?

    ・面積:?


案内地図

嘉手納グスクの位置図

嘉手納グスクは、嘉手納ロータリーを読谷向けに進んだ比謝橋
手前右側の中央公民館一帯の丘陵にあったそうですが、現在は
都市開発の波に消えありません。

グスク地形復元図

嘉手納グスクの位置図

消滅した嘉手納グスクの丘陵を「今昔しマップ」1948年の米軍
地形図を参考に復元して見ました。丘陵の先端部にグスクらし
き地形がありますが、嘉手納グスクでしょうか?・・・

ページの先頭へ戻るグスク一覧へ戻る

inserted by FC2 system