(オオワングスク、ウフグスク)

大湾グスク

所在地:読谷村字大湾牧原

大湾グスクは、読谷村大湾の長田川沿い、沖縄県企業局集水場の北側丘陵上に築かれたグスクです。 現在、土地の開発で丘陵の大部分が失われており、国道沿いにその一部が残るだけです。残ったグスク内に大 湾按司の墓、ウミナイビ墓、ウフグスクの拝所、慰霊碑等が見られます。又、グスクの城壁は隣接するメーダ グスク同様に比謝橋の改修時に取り壊されたと云われ残っていません。
・大湾按司
このグスクは、中北山系の今帰仁子の三男「大湾按司」の居城で、初代「伊波按司」、五男「山田按司」とは 兄弟に当たると言われています。

大湾グスク!  
 撮影:大湾グスクのパノラマ

  ★グスクの概要

  史跡指定:ナシ

    ・築城者:伝承の按司・大湾按司

    ・築城形式:?

    ・標高:約10m

    ・面積:?


案内地図

大湾グスクへの案内図

大湾グスクは、名護向けに比謝橋を渡り少し進むと道路沿いの
右側にこんもりとしたグスクの丘陵があります。

按司墓と拝所への道

.

国道沿いの入口脇に大湾按司の墓があり、その側から丘陵上の
ウフグスクの拝所まで道が続いています。

ウミナイビ墓

.

グスクの南側崖下長田川沿いにウミナイビ墓があります。拝所と
して立派に生きています。

グスク入口と大湾按司の墓

.

グスク入口を入ると右側に大湾按司の墓があり、その右側に丘陵
上の拝所に続く小道があります。

グスクの概略図

大湾グスクの概略図

グスクの痕跡を残す丘陵の一部が残るだけで、往古の姿を偲ぶもの
はなく、国道の喧騒の中でひっそりとしています。

グスクの地形図復元図

グスクの地形図復元図

「今昔しマップ」の中の米軍地形図を参考にして地形図を描いて見
ました。大湾グスクの地形からは連郭式の様に見えますが・・・

ウフグスクの拝所

.

丘陵上には、僅かに残った広場があり、ウフグスクの拝所もここ
にあります。

長田川沿いから

.

長田川沿いからの撮影です。辛うじて残っているのが分かります。

ページの先頭へ戻るグスク一覧へ戻る

inserted by FC2 system