(ウーザグスク)

宇座グスク

所在地:読谷村字宇座

読谷村宇座集落の北東に位置する小丘陵に築かれたグスクです。現在、宇座の墓地となっており墓地化 によって消滅しそうです。グスク内には僅かに城壁らしい石積みが確認できますが城壁かどうかは分かりません。
・泰期金満按司
長浜港が近くにあり、三山時代の中山王「察度」の弟「泰期」が宇座の地にあり、盛んに貿易を行っていたようで オモロに歌われているといいます。その「泰期」の居城だったとも伝わっています。

宇座グスク!  
 撮影:宇座グスクの遠景

  ★グスクの概要

  史跡指定:ナシ

    ・築城者:?

    ・築城形式:?

    ・標高:約24m~27m

    ・面積:?


案内地図

宇座グスクへの案内図

宇座グスクは、瀬名波の残波入口交差点から残波岬向けに進むと、
左側の土地改良区の中に独立したグスクの丘陵が見えます。

進入路

.

2基の墓の間から入った墓の後ろの状況です。小道がグスク内部に
続いています。

内部の東側の状況

.

丘陵の内部は東西に細長い様な感じです。東側が広いようですが、
写真のように雑草に覆われて入れません。

段差沿いの石積み

.

丘陵の内部は一段と高くなっており広場になっています。その段差沿
いに崩れた石積み遺構があります。じっくり周りを見たいと思いました
が藪に阻まれ諦めました。

地形図

宇座グスクの地形図

宇座グスクは墓地化により消滅しそうなグスクです。この地形図は
戦後、米軍によって作成された地形図を基に描いて見ました。

グスク入口

.

グスクの丘陵の南側に農道がT字になった所があります、その農道脇
の2基の墓の間に丘陵内部に入る小道があります。

進入路脇の石積み

.

進入路の脇に見られる石積みです。周りに墓はありません、グスクの
石積み遺構でしょうか・・・

ページの先頭へ戻るグスク一覧へ戻る

inserted by FC2 system