グスクへの道標

沖縄本島のグスク案内サイト
沖縄の各地に残るグスクには、魅力的なグスクがたくさんあります。晴れた日には友達誘ってグスク探訪に 出掛けてみませんか。


ロゴ画像

撮影:新垣グスクの内部

沖縄県:糸満市位置図     

新垣グスク


(アラカチグスク)
所在地:糸満市字新垣(小字新垣原、後原、野山原)

★グスクの概要


●新垣グスクは、新垣集落の北側石灰岩丘陵に築かれたグスクで、南山配下の新垣按司の居城と 伝わります。グスクは、北側が断崖で、東・南・西側とも崖状になった地形になっており、その地形に 沿って城壁を巡らせています。城門は一ヶ所で東南側に開いています。


案内地図

写真1

グスクへは、集落側からは難しく、反対側のパームヒルズゴルフリゾート側の方から入ります。入口からグスクまでの小道は右側と左側に道が別れていますが、道なりに進んで下さい。

概略図

写真2

グスクに入ると、右側が一段と高くなって広場を形成しており拝所があります。入口左側は崖沿いに沿って城壁が奥の拝所まで続いており、遺構が良く残っているグスクです。

写真3

県道7号線から、パームヒルズゴルフリゾートのクラブハウス向けに左折して進みます。

写真3

ゴルフ場入り口から、約230m程で右折して入ります。

写真3

約230m程進んだ先で右折して入ります。

写真3

右折して入った所です。右側に残土置場があり、正面にグスク入口があります。※2014年の撮影。

写真3

2021年12月に訪れた時の写真。道路の右側に工場の建物や資材置場があります。

写真3

農道から振り返って撮った写真で、日常なら人気を感じることが出来る場所になっています。

写真4

アスファルト道路は右カーブしますが、正面の農道に入ります。突き当りにグスク道が開いています。

写真5

丘陵のグスク入口から振り返って、来た道を見ました。

写真6

この丘陵の入口に辿り着く迄、2回訪れてダメで、3度目に探し当てました。中に入ります。

写真7

丘陵のグスク道は予想より幅広く歩きやすいですが、最初に右側、次に左側に別れ道があります。惑わされずに道なりに進みます。

写真8

丘陵入口から約100mチョットで、道が二つに別れた所に出ます。左側の道沿いに古井戸が見えます。奥の丘陵がグスクです。

写真9

古井戸跡を見て先に進むと丘陵の手前で道が左右に別れています。右側がグスクの城門へ続く道です。

写真10

回り込む様に作られた城門跡への石段を上ると城門跡に出ます。後5~6段で城門跡です。

写真11

グスク内に入ると、一段と高くなった主郭と思われる広場が右側にあり拝所が見えます。

写真12

城門跡を入って真っ直ぐの突き当り右側に拝所があります。中に「新垣城南山神世」の拝と火ヌ神が祀られています。

写真13

西側の断崖に積まれた城壁です。

写真14

グスクの下よりグスクを見上げました。古城の雰囲気が漂います。


ページの先頭へ戻る

copyright© 2018 Hirata chikudono Pechin All Rights Reserved.

inserted by FC2 system