グスクへの道標

沖縄本島のグスク案内サイト
沖縄の各地に残るグスクには、魅力的なグスクがたくさんあります。晴れた日には友達誘ってグスク探訪に 出掛けてみませんか。


ロゴ画像

撮影:新城グスクと公園

沖縄県:八重瀬町位置図     

新城グスク


(アラグシクグスク)
所在地:八重瀬町字新城小字北滝川原

★グスクの概要

    ・史跡指定:ナシ

    ・築城者: ?

    ・築城形式:連郭式

    ・標高:約90m(三角点)

    ・面積:  ?


●新城グスクは、新城集落の西北丘陵に築かれたグスクで連郭式のグスクと言われています。 西北側や東南側に城壁が残っていたと言われますが、現在、南側の大部分が住宅地で北側が公園に なっており、残っているかどうかも分からない状態です。

※TOPの「お知らせのグスクの情報」を見る

案内地図

写真1

新城集落の西北の丘陵は一際目立ちますので、集落内の道路から丘陵を目指せば丘陵の公園に着きます。

概略図

写真2

1948年の米軍地形図を参考にして、グスクの旧地形図を復元して見ました。正確性はないのでイメージで見て下さい。

写真3

こじんまりしたきれいな公園で「新城神宮]や展望台等も設置されています。

写真4

公園内からの遠望で、遠くに玉城グスクや糸数グスク等が見えます。

写真5

公園内の左端に建てられている説明板です。

写真6

新城神宮の背後に大岩があり、その背後の崖側に古い拝所があります。

写真7

支城「山グスク?」

東側からの撮影、集落内でここだけ石積み跡を伴う空間になっています。

写真8

北側からの撮影。

写真9

石積み跡の痕跡が残る東側。

写真10

同じく、石積み跡の痕跡が残る西側。

写真11 width=

西側の農道から見た新城グスクの丘陵。


ページの先頭へ戻る

copyright© 2018 Hirata chikudono Pechin All Rights Reserved.

inserted by FC2 system