(ビングスク)

保栄茂グスク

所在地:豊見城市保栄茂(城之下原>

グスクは、保栄茂集落の東北東の石灰岩丘陵に築かれています。主郭と思われる大岩の頂上部への道は、 各大岩の頂上部を繋ぐようにして取り付けられています。又、大岩に囲まれた内部空間があり、その内部への 進入を阻止するために大岩間の割れ目を石積みで塞いだ構造になっています。これは船越グスク(旧玉城村) にも見られる同様の構造で訪れる際は是非見てほしいヶ所です。
このグスクについては、「沖縄の城跡」によれば、南山王の「汪応祖」が豊見城按司であった時、その三男を 派遣し、このグスクを築かせたと記載されています。

保栄茂グスク!  
 撮影:グスク入口の説明板と標柱

  ★グスクの概要

  史跡指定:ナシ

    ・築城者:保栄茂按司

    ・築城形式:?

    ・標高:約105.8m

    ・面積:?


案内地図

保栄茂グスクの位置図

グスクへは、二つのルートがあります。西側の保栄茂集落側からの
コンクリート舗装された道と、東側の保栄茂集落へ入る交差点の手
前で旧道脇の當間ボディーサービスの側の道を行く方法です。

グスク入口への道

保栄茂グスクの位置図

グスク入口までの二つのルート写真です。万が一草木に覆われ
て入れないルートがあっても一つは入れると思います。

グスク内通路

.

入口階段を登ると虎口らしい岩の間に出ます。奥に頂上部への通路
が伸びています。

割れ目を塞ぐ石積み

.

グスクの虎口と思われる所の側に、割れ目を塞ぐ石積みが見られ
ます。

頂上部

.

グスクの頂上部の広場です。拝所と三角点があります。

殿の広場への道

.

グスク入口手前に、グスク下北側にある祭祀を行う「殿の広場」
への道があります。

グスク概略図

保栄茂グスクの概略図

大岩間を繋いで築いた感じの保栄茂グスクは、内部空間への進入防
止の間詰め石や、大岩の上に取り付けられた頂上部への通路等見ご
たへのあるグスクです。

入口前より階段見る

.

入口階段を登る途中で、入口前の広場を振り返って見ました。

大岩上の通路

.

グスク内の大岩の上の通路を進んで行くと、先にグスクの頂上部が
が見えてきます。右側の崖下が内部空間になっています。

囲まれた内部空間

.

グスク内の通路脇に大岩に囲まれた内部空間があります。降りて見
たいところですが降り口が見つかりません。

頂上部

.

グスクの頂上部です。渡橋名団地や豊見城市の市街地が見えます。

殿の広場

.

グスク下の北側にある「殿の広場」です。内部を見たかったのです
が草に覆われて入れませんでした。

ページの先頭へ戻るグスク一覧へ戻る

inserted by FC2 system