(グシチャングスク)

具志頭グスク

所在地:八重瀬町字具志頭小字須武座原

グスクは、具志頭集落東側寄りの標高約50mの石灰岩丘陵にあります。北、東、南側が 断崖で、西側の傾斜地にニノ郭を配し城門もここに開いていたと言います。
伝わる城主では、英祖王統第二代「大成王」の第二子が具志頭按司を命じられたという口碑と、 尚巴志が三山統一後に三男の具志頭王子を具志頭グスクに配したと伝わります。

具志頭グスク!  
 撮影:城跡内の具志頭城内之御嶽。

  ★グスクの概要

  史跡指定:ナシ

    ・築城者: ?

    ・築城形式:連郭式

    ・標高:約50m

    ・面積:  ?


案内地図

具志頭グスクの位置図

国道331号線を具志頭交差点向けに進んで、左側の具志頭公民館
手前にある金物店脇の道路に左折してはいります。道なりに進
むと集落の外れにグスク入口があります。

グスク入口

.

集落の外れにあるグスク入口です。

グスク内

.

グスク内の様子です。グスクの遺構等は見当たりません。

西側斜面の石積み

.

西側の斜面に残る石積み遺構です。

グスクの概略図

具志頭グスクの概略図

現在、グスク内まで舗装された道路が整備されており、車で中まで
入れます。慰霊碑が建てられ展望台やトイレ等も整備された公園に
なっています。

展望台と説明板

.

グスク内に入ると駐車場があり、展望台があります。

グスク内

.

展望台から見たグスク内です。

石積み遺構

.

西側斜面に残るツタに覆われた野面積みの石積みです。

ページの先頭へ戻るグスク一覧へ戻る

inserted by FC2 system