(キャンフルグスク)

喜屋武古グスク

所在地:糸満市字喜屋武

この喜屋武古グスクは、「糸満市の遺跡」1981年3月のなかで、漁港へ抜ける左側にノッチ状の石灰岩 露頭部があり「く」の字状の野面積の城壁があると記載されていますが、漁港整備工事とそれに伴う道路 工事等で大半が破壊されたと思われています。現在、漁港の背後の崖下の古墓以外はグスクとしての遺構 を見つける事が出来ませんでした。このグスクも築城時期や築城者及び築城形式が不明のグスクとなって います。

喜屋武古グスク!  
 撮影:漁港背後の丘陵を見る

  ★グスクの概要

  史跡指定:ナシ

    ・築城者: ?

    ・築城形式:?

    ・標高:約5m

    ・面積:  ?


案内地図

喜屋武古グスクの位置図

屋武古グスクへは、喜屋武集落を通り漁港に向かって進み、喜屋
武漁港に入ります、漁港の背後の丘陵一帯がグスクとされていま
す。

古墓への道

.

グスクへ続いている道か?と期待しながら進んで丘陵の上を探し
ましたがグスクの遺構は見当たらず、崖下の古墓への道があるだ
けでした。

古墓

.

崖下の岩陰を石積みで塞いだ古墓です。ブロックの碑が二つ建て
られ、玉城世、中南山等と刻まれています。

古墓への入口付近

.

漁港の背後の丘陵上に喜屋武小学校方面への道路があります。その
道路の左側に丘陵崖上に向かう道があります。

崖下の古墓への道

.

崖下へ降りる道です。

割れ目を塞ぐ石積み

.

墓へ降りる途中、崖面に割れ目を塞ぐ石積みがあり何のために石を
積んだのか気になり撮影しました、何だろう・・・・

ページの先頭へ戻るグスク一覧へ戻る

inserted by FC2 system