(サケイグスク、サチグスク)

佐慶グスク

所在地:糸満市字束里上兼本原

昔の喜屋武間切り、現在の糸満市字束里上兼本原に位置し、上里グスクの東方約200mの 断崖上に築かれています。平和創造の森公園に隣接しますが、入るのをためらう程雑木に 覆われており、相当勇気を出さないと入れない程です。佐慶グスクは二つの郭からなって おり、當間グスク及び束辺名グスク同様、断崖上に通じる道(古道)を抑える目的で築城 された上里グスクの砦的な支城ではないかと推測する説もあり、もしそうであればこの広い 台地に相当な勢力を持った按司が存在したことになり、南山王の朝鮮亡命説が頭に浮かぶ 歴史的なロマンの地でもあります。

佐慶グスク!  
 撮影:グスクの内部を見る。

  ★グスクの概要

  史跡指定:ナシ

    ・築城者:?

    ・築城形式:連郭式

    ・標高:約50m

    ・面積:?


案内地図

佐慶グスクの位置図

グスクへは、平和創造の森公園の道路を山城集落向けに
進んだ右側にあります。現在ヤブに覆われ相当勇気を出
さないと入れない状態です。

グスク入口

.

本来のグスク入口は、道路から電柱に向かって左側の
畑地のあぜ道ですが入れず、手前の矢印から入りまし
た。

南側の城壁

.

最初の拝所を過ぎた辺りにある南側の城壁です。

東側の城壁

.

南側の城壁よりグスク内に入り撮影した東側の城壁で
す。

北側の城壁

.

同じく北側の崖沿いに積まれた城壁で、この北側よりの
一部のヶ所だけ何とか歩けます。

グスク内部

.

どの写真からも分かるように、グスク内はジャングルの
様相を呈しており、調査関係でも入らない限り、これ以
上は望めそうもありません。

北側からの遠景

北側の農業用道路から

山城集落外れの農道から見た、佐慶グスクの丘陵です。👆拡大します。

グスク入口

.

米須交差点からひめゆりの塔向けに約500m位進ん
で「ひむかいの塔」のある米須(西)交差点を左折
して平和創造の森公園へ向ます。公園の外れ手前の
道路右側にグスクはあります。

拝所

.

入り口から2~3m位進むと歩き易くなります。少し
進むと目の前に石囲いの拝所が現れます。

南側の城壁

.

同じく南側の城壁です。奥に東側の城壁が見えます。

南側の城壁

.

これも同じく南側の城壁です。

北側の城壁

.

北側の崖沿いに積まれた城壁です。3枚続けます

北側の城壁

.

この北側の城壁は近くから見ると、原型を保ってい
るように見えます。

ページの先頭へ戻るグスク一覧へ戻る

inserted by FC2 system