グスクへの道標

沖縄本島のグスク案内サイト
沖縄の各地に残るグスクには、魅力的なグスクがたくさんあります。晴れた日には友達誘ってグスク探訪に 出掛けてみませんか。


ロゴ画像

撮影:渡橋名グスクの殿

沖縄県:豊見城市位置図     

渡橋名グスク


(トバシナグスク、渡橋名御願)
所在地:豊見城市渡橋名

★グスクの概要

  史跡指定:ナシ

●渡橋名集落の北側丘陵に位置する、伊良波中学校向けの道路脇に渡橋名調整池があり、その側にコンクリートの 進入路があります。グスク内は大岩の周りの拝所や頂上部の拝所、そして西側の下った先に井戸跡と殿、地元で「渡橋名御願」 と呼称されている通りのグスクで、グスクとしての遺構は見当たりません。


案内地図

写真1

渡橋名団地前の交差点を伊良波中学校向けに進むとすぐ左側に渡橋名調整池(タンク)があり、そのタンクの側にコンクリートの道路が整備されています。フェンス沿いの先がグスク内です。

グスクの想像図

写真2

このグスクは丘陵一帯に拝所が点在しており、グスクの遺構は見当たりません。聖域としての雰囲気が漂っている所です。

写真3

道路脇にある調整池の側に立派なコンクリート舗装が整備されています。奥の右端にグスク入口が見えます。

写真4

コンクリート舗装先のグスク入口から渡嘉敷グスクがハッキリと見えます。

写真5

コンクリート舗装の先のフェンス沿いの道です。少し歩くとその先はグスク域になっています。

写真6

グスクに入って左側の道を行きます、大岩の間を通って道が奥に伸びています。

写真7

道沿いの大岩の周りに拝所が幾つかあります。側を通りさらに奥に向かいます。

写真8

大岩の間を通り進むと小さな広場があり、拝所があります。さらに上に広場があるようですが雑木に阻まれて行けません、戻ります。

写真9

左側の道を戻り、入口から真っ直ぐ行くと道が二つに分かれています。右側の道を下って行きます。

写真10

右側の道は下り坂になっています。足元に注意しながら下って行きます。

写真11

下って行くと右側に殿があります。下って来た道を振り返って見ました。

写真12

殿の下に小さな広場があり井戸跡があります。

写真13

殿への道を戻り、真っ直ぐの道を登って行くと視界が開けグスク頂上部に出ます、綺麗な広場です。

写真14

頂上部には拝所が二つあります。これだけの広場を持っていると言う事は御願の時に大勢の人達が来るという事だろうか・・・


ページの先頭へ戻る

copyright© 2018 Hirata chikudono Pechin All Rights Reserved.

inserted by FC2 system