グスクへの道標

沖縄本島のグスク案内サイト
沖縄の各地に残るグスクには、魅力的なグスクがたくさんあります。晴れた日には友達誘ってグスク探訪に 出掛けてみませんか。


ロゴ画像

撮影:渡嘉敷グスクの頂上部

沖縄県:豊見城市位置図     

渡嘉敷グスク


(トカシキグスク)
所在地:豊見城市渡嘉敷

★グスクの概要

    ・史跡指定:ナシ

    ・築城者:  ?

    ・築城形式: ?

    ・標高:約100m

    ・面積:   ?


●渡嘉敷グスクの入口は、一見見落としてしまいそうな感じで民家の脇に隠れる様にしてあります。入口から 延びるコンクリート舗装の道を辿って頂上部に出ると、周りには拝所が点在し、金満御嶽やお通しどころがあります。 又、西側の尾根には「地頭火ノ神」の拝所、北側の上田集落方面への道沿いには「後ヌ井」等の拝所もあり、丘陵の 頂上部そのものが聖域の雰囲気を醸し出しています。


案内地図

写真1

グスクへは、おもととよみの杜老人ホーム入口から説明します。老人ホーム入口から渡嘉敷公民館向けに約110m位進んで右側の住宅地への道路に入ります。そのまま進むとグスク入口です。

グスクの概略図

写真2

グスク入口から頂上部もコンクリートの道で整備されており、各拝所への小道も綺麗です。又、金満御嶽や他拝所も立派に手入れされており、眺望も素晴らしい所です。

写真3

おもととよみの杜入口から進んで右折し、住宅地に入り進むと正面の民家右脇にグスクへの入口がみえます。

写真4

グスクの頂上部「金満御嶽」前の広場から、進入路の坂道を振り返って見た写真です。

写真5

「金満御嶽」前の頂上部の広場です、各拝所へはここからコンクリートの道路が延びています。

写真6

グスク入口を入って坂道を登り頂上部に着くと、右側に立派な金満御嶽があります。

写真7

「金満御嶽」前の広場から、尾根先の「地頭火ノ神」へ通じる道があります。

写真8

尾根先を削平して作られた「地頭火ノ神」前の広場です。車が転回出来る広さがあります。

写真9

西側の尾根先は広場になっています。広場の南側に地頭火ノ神の拝所へ下りる階段があり、下りると拝所があります。

写真10

「地頭火ノ神」前の広場から「金満御嶽」への帰り道を撮影しました。各拝所への道が整備され、信仰心の高さを見る思いです。

写真11

「金満御嶽」前広場の片隅にクバジョウ入口と書かれた碑が建てらていますが、この「クバジョウ」とは、今回行けなかった拝所側の奥に続く道の先にあると思われます。チャンスがあれば次回に・・

写真12

「金満御嶽」の側の拝所です。この拝所の側を通り奥へ続く道がありますが、今回雨でぬかるんでいるので諦めました。

写真13

この奥への道の先に「クバジョウ」と呼ばれる聖域があると思われますが、残念ながら今回は行けませんでした。

写真14

「金満御嶽」の北側には拝所が多数点在しています。

写真15

この拝所も石碑に、御通し(今帰仁・御先樋川)と記されています。

写真16

この拝所の石碑には、慶良間・海神宮、御通しと記されています。

写真17

「クバジョウ」の碑の建つ入口から北側へ下る坂道があり、その先に「後ヌ井」があります。これは振り返って見た写真です。

写真18

上田集落方面へ続く小道の脇に拝所「後ヌ井」があります。

写真19

金満御嶽の前から北側に向かって降りて行くと上田集落方面へ続く小道があります。

写真20

グスク入口から見る保栄茂グスクの丘陵です。近いので併せて見たい所です。


ページの先頭へ戻る

copyright© 2018 Hirata chikudono Pechin All Rights Reserved.

inserted by FC2 system