(カツレングスク、カッチングスク)

勝連グスク

所在地:うるま市勝連字南風原

勝連グスク

.

県道10号線寄りの東側から撮影したものです。

勝連グスク

.

東グスクとも呼ばれる5ノ郭から撮影した上グスク(1~3ノ郭)の写真です。

標 識

.

世界遺産「勝連グスク」の標識です。

縄張り図

.

1ノ郭の入口にある、標識の中の縄張り図です。

1ノ郭

.

最頂部の1ノ郭で、標高97.99m(三角点)あります。瓦ぶきの建物があったことが確認されています。

1ノ郭への道

.

1ノ郭への石畳と階段で、3ノ郭と同じ構造になっています。なお1ノ郭の門は拱門であったと言われています。

1ノ郭よりグスク内を見る

.

1ノ郭より2ノ郭と3ノ郭を見たものです。

ページの先頭へ戻る

1ノ郭よりグスク内を見る

.

上記の写真と同じ2ノ郭と3ノ郭を見たものです。2003年の写真で、東グスクの発掘調査らしい風景が見えます。

1ノ郭よりグスク内を見る

.

上記の写真と同じです。

1ノ郭よりの眺望

.

1ノ郭は眺望が良く、360°見渡せるようになっています。晴れた日の眺望は何とも言えない位美しい景色が広がって います。これは中城湾港の埋立地です。

1ノ郭よりの眺望

.

同じく中城湾港で泡瀬地先と知念半島が見えます。

1ノ郭から2ノ郭へ

.

1ノ郭から2ノ郭へ続く道で、石畳道の保護の為か、転倒防止の為か、木造りの階段が設置されています。

ページの先頭へ戻る

2ノ郭

.

勝連グスクの館跡がある2ノ郭です。7間6間(1間は1.8m)の建物の礎石が綺麗に残っています。

西側の城壁

.

西側の城壁で、3ノ郭から1ノ郭へ続いています。

3ノ郭

.

2ノ郭の前庭と呼ばれる3ノ郭から見た、2ノ郭と1ノ郭です。

3ノ郭の門

.

3ノ郭の門跡で、四脚門があったと言われています。

3ノ郭から4ノ郭へ

.

3ノ郭から4ノ郭へ続く道です。

ページの先頭へ戻る

3ノ郭への道

.

4ノ郭から3ノ郭へ続く石畳道です。現在、木造の階段が取り付けられています。

3ノ郭の正面部

.

勝連グスクの堅固さは、この3ノ郭へ続く道を見れば誰もが分かると思います。写真写りも一番いい所ではないでしょうか。

4ノ郭

.

3ノ郭前の4ノ郭です。

4ノ郭

.

4ノ郭の広場から見上げた3ノ郭です。

4ノ郭

.

4ノ郭の東側から見た、3ノ郭の城郭です。

ページの先頭へ戻る

3ノ郭城壁

.

4ノ郭から見た、3ノ郭の城壁で、他のグスク同様に石灰岩の岩山を取り込んで作られています。

3ノ郭城壁

.

3ノ郭の城門横の突き出た城壁です。風化した石の色が、復元した時期の違いを教えてくれます。

4ノ郭の城壁

.

西側の3ノ郭下から、南風原御門跡へ続く復元された4ノ郭の城壁です。

3ノ郭の城壁

.

3ノ郭の西側の城壁で、急傾斜地の上に突出部(雉?)を設けた城壁があり、水抜き穴も見えます。

3ノ郭の城壁

.

西側の城壁で、3ノ郭と1ノ郭の城壁が見えます。

ページの先頭へ戻る

4ノ郭の城壁

.

復元途中の4ノ郭の、東側城壁です。

東グスク(5ノ郭)内

.

2003年の写真で、復元調査が行われている感じです。奥に拝所が見えますが、名称が分かりません。

東グスクから

.

2003年の写真で、3ノ郭方面を撮影したものです。

東グスクから

.

上記の写真と同じで、2017年の写真です。

井戸「マチダ・ナケージガー」

.

4ノ郭内にある「マチダ・ナケージガー」と呼ばれる井戸です。

ページの先頭へ戻る

「マチダ・ナケージガー」標識

.

「マチダ・ナケージガー」の説明が記されています。

井戸「仲間ヌウカー」

.

4ノ郭内の「仲間ヌウカー」と呼ばれる井戸です。

「仲間ヌウカー」標識

.

「仲間ヌウカー」の説明が記されています。

井戸「門口のカー」

.

4ノ郭内の「門口のカー」と呼ばれる井戸です。

「門口のカー」標識

.

「門口のカー」の説明が記されています。

ページの先頭へ戻る

井戸「ウタミシガー」

.

4ノ郭内の「ウタミシガー」と呼ばれる井戸です。

井戸「ウタミシガー」

.

上記の拡大写真で、今でも水を湛えています。

「ウタミシガー」標識

.

「ウタミシガー」の説明が記されています。

井戸「ミートゥガー」

.

4ノ郭内の「ミートゥガー」と呼ばれる井戸です。

「ミートゥガー」標識

.

「ミートゥガー」の説明が記されています。又、グスクの用水井についてですけど、グスク内に用水井がないのは、世界遺産のグスクの中で座喜味グスク だけですけど、どうなっているのか興味深いですね。

ページの先頭へ戻る

拝所「肝高の御嶽」

.

3ノ郭内にある「肝高の御嶽」です。

「肝高の御嶽」標識

.

「肝高の御嶽」の説明が記されています。

拝所「火ノ神」

.

2ノ郭内の「ウミチムン」火ノ神と呼ばれる拝所です。

「火ノ神」の標識

.

「ウミチムン」火ノ神と呼ばれる拝所の説明が記されています。

拝所「ウシヌジガマ」

.

2ノ郭内の「ウシヌジガマ」と呼ばれる拝所で、勝連グスクの抜け穴とも呼ばれる所です。

ページの先頭へ戻る

拝所「ウシヌジガマ」

.

上記の写真と同じです

拝所「ウシヌジガマ」

.

上記と同じ写真ですが、崩れ落ちた石で塞がっている感じです。

「ウシヌジガマ」標識

.

「ウシヌジガマ」の説明が記されています。

勝連の守護神「玉ノミウジ御嶽」

.

勝連の守護神「玉ノミウジ御嶽」と呼ばれる霊石です。この穴は2ノ郭の「ウシヌジガマ」に繋がって いると言われています。

「玉ノミウジ御嶽」標識

.

勝連の守護神「玉ノミウジ御嶽」についての説明がなされています。

ページの先頭へ戻る

南風原御門への道

.

南風原御門前の状況で、坂を南風原漁港向けに下って行きます。

南風原御門への道

.

南風原御門をやく30m位下った所です。

南風原御門への道

.

上記の写真と同じ位置から振り返って撮った写真です。

南風原御門への道
.

南風原御門から約50m位降りた所で、前方に市道が見えてきました。

南風原御門への道

.

平敷屋の「ワイトゥイ」に抜ける道路側の入口です。

ページの先頭へ戻る

南風原御門への道

.

上記と同じヶ所から振り返って撮った写真です。「阿麻和利」・「百十踏揚」・「鬼大城」が通った道かもしれないと 思うと、ロマンを感じます。

西原御門への道

.

西原御門へ続く道です。

西原御門への道

.

上記と同じ、西原御門へ続く道です。

復元事業

.

復元された、3ノ郭城壁と4ノ郭の南風原御門へ続く城壁です。まだ完全じゃありません。

復元事業

.

4ノ郭の東側城壁です。こちらも高さなど完全じゃなさそうです、これから後を期待しましょう。

復元事業

.

同じく4ノ郭の東側城壁で、3ノ郭城壁下に取り付いています。

復元事業

.

同じく4ノ郭の東側城壁で、西原御門へ向かって外側を撮影したものです。

復元事業

.

同じく4ノ郭の東側城壁で、西原御門へ向かって外側を撮影したものです。

復元事業

.

東グスク下から、西原御門へ向かって撮影した西原御門側の城壁です。

復元事業

.

西原御門から東グスクに向かう城壁です。

復元事業

.

西原御門の発掘調査状況です。

復元事業

.

復元が進む4ノ郭です。

復元図

.

勝連グスクの復元予想図です。

復元模型

.

勝連グスクの復元模型です。

復元模型

.

同じく勝連グスクの復元模型です。

復元模型

.

同じく勝連グスクの復元模型です。

復元模型

.

同じく勝連グスクの復元模型です。

阿麻和利の墓への案内地図

阿麻和利の墓への案内図

住宅街の一角、岩山の下にあり、道路沿いを注意しながら進めば分かると思います。

「阿麻和利の墓」への道

.

国道58号線の読谷バイパスと県道6号線がぶつかる交差点を左折して、高志保向けに進みます。

「阿麻和利の墓」への道

.

左折して約400m位進んだ交差点で、右側に居酒屋「護佐丸」が見えます。この交差点を左折して入ります。

「阿麻和利の墓」への道

.

左折して入ると、すぐに二股の道路に出ます。左側の道路に入ります。手前の左側の道路には 入らないように気を付けてください。

「阿麻和利の墓」への道

.

左折して約160m位進んだ先の右側に、「阿麻和利の墓」への道があります。

「阿麻和利の墓」への道

.

「阿麻和利の墓」への道路入口です。先に「阿麻和利の墓」の標柱が見えます。

「阿麻和利の墓」

.

琉球の歴史の1ページを飾る「阿麻和利」の墓です。

「阿麻和利の墓」の標柱

.

「阿麻和利」の最後について標柱に記載されています。

「阿麻和利の墓」

.

周囲は整然としており、拝みは絶えてないようです。

ページの先頭へ戻る  元へ戻る   グスク一覧  写真集一覧

inserted by FC2 system