(シマシーウフザトグスク)

島添大里グスク

所在地:南城市大里字大里
三山時代に「下の世の主」と称した島添大里按司の居城で、内郭とそれを囲う外郭の城壁 からなる連郭式の城跡で、平成24年に国指定史跡になっています。

島添大里グスクへの入口

島添大里グスクへの入口

島添大里グスクへの入口で、西原集落入口ともなっています。👆~拡大します。

チチンガーとグスクの標識

チチンガーとグスクの標識

西原集落に入り、少し進むと左手にチチンガーと大里グスクの標識が建っています。👆~拡大します。

標識

.

道路左手に建てられている、大里城跡の標識です。

内郭の標識

.

内郭の御庭と呼ばれる郭に建てられている標識です。

標識内の復元図

.

標識内の復元図を拡大したものです。

グスク入口

.

これは、2004年に撮影した入口の写真です。

内郭への入口

.

上記と同じ時期に撮影した内郭への入口です。

内郭への道

.

上記と同じ時期に撮影した内郭への道です。

外郭入口から

外郭入口から

外郭から内郭への入口全景(2015年撮影)で、正面の丘の上が内郭で、右手斜面に拝所(ウタムトゥノーイ)が見えます。👆~拡大します。

拝所(ウタムトゥノーイ)

.

拝所(ウタムトゥノーイ)です。

内郭入口から

内郭入口から

内郭へ入った所からの撮影で、正面の小高い丘が物見台になっています。👆~拡大します。

拝所(ウミチムン)

.

内郭の展望台南側下にある拝所(ウミチムン)ですが、長い間コンクリート作りの祠(私設の祠)がそうだと思っていましたが、その 右側の目立たない石積の拝所がそうらしいです。写真にも写っていません。

ページの先頭へ戻る

拝所(ウミチムン)

.

再度、訪れた時も知らなくて、右側に僅かに写っています。

拝所(スクナシカー)

.

標識の右手後方にある拝所(スクナシカー)で、2004年に撮影したものです。

拝所(スクナシカー)

.

上記と同じ写真ですが、これは2015年に撮影したものです。

拝所より

.

拝所(スクナシカー)より見た内郭の南側城壁です。

礎石

.

今まで、名のある城跡では礎石は建物跡に残っていましたが、このグスクだけはどうしてここに並べられている いるのか・・・

ページの先頭へ戻る

内郭入口から

物見台の下から

物見台の下からの撮影です。👆~拡大します。

物見台へ

.

2004年に撮影した物見台への道です。

物見台へ

.

これは2005年の撮影で上記と同じ物見台への道です。

拝所(ウティンチヂ

.

大里グスクで最も高い地点(標高約155.26m)にある拝所(ウティンチヂ:個人の勝手な解釈では天を敬って御を付け御天の頂上)です。 間違っていたら_(._.)_

眺望

.

晴れた日の眺望は良く、遠くに中城・勝連半島が見えます。

按司墓への道

.

展望台下の「島添大里按司の墓」への道ですが、2015年?に訪れた時にはがけ崩れで「通行止め」になっていましたが・・・

ページの先頭へ戻る

内郭の城壁

.

内郭の南側城壁です。

内郭の城壁

.

内郭の城壁で、位置が思い出せません・・_(._.)_

内郭の城壁

.

現在の内郭への入口右側の城壁です。

チチンガーの背後

.

チチンガーの背後にも城壁跡が見られます。

道路脇の城壁跡

.

外郭の道路脇にはブロック塀があり、その背後にも城壁跡らしい所があります。

内郭から外郭への通路

.

内郭の西側から外郭の広場へ通じる道です。

通路脇の「墓」

.

通路脇にある「奥間ハンジャナシー前之墓」で、グスクとの関連はなさそうです。

外郭の広場

外郭の広場

上記の通路を辿ると写真の外郭の広場へ出ます。👆~拡大します。

チチンガーへ

.

チチンガー入口脇の道路に建てられた標識です。

チチンガー入口

.

城内に囲えば枯れるという伝説のチチンガー入口です。

チチンガーへの石段

.

降り井戸と呼ばれるチチンガーは、この先右に曲がって石段が下に続いています。

降り井戸のチチンガー

.

急な石段が下へと続いています。この井戸に似たような井戸を3枚続けます。

中城城跡のウフガー(大井)

.

「護佐丸」が増築したと伝わる三ノ郭の城壁に囲まれて、現在では降り井戸の形態になっているように思われる 井戸です。

仲間グスク下のウーガー(大井戸)

.

糸満市の小波蔵集落の北側で、仲間グスクや安里グスク等がある丘陵下に位置するウーガー(大井戸)です。 ※仲間グスク(糸満市字小波蔵)を参照

安谷屋グスクのイーヌカー

.

中城村の安谷屋グスクのイーヌカーです。下りの階段が少ないので、降り井戸としてはどうか分かりませんが、似ている 感じがしたので取り上げました。

チチンガー

.

階段を降りた先にあるチチンガーです。

チチンガー

.

近づくと水を湛えています。これも素人考えですが、この湧水の行き先は「シチャヌヒージャー」辺りではないかと・・・

井戸からの写真

.

井戸から振り返り撮影したものです。

石段

.

井戸の築造には、相当な労力と石工の技術が使われているのが分かる所です。

チチンガー入口

.

帰りに撮影したチチンガー入口です。右側に飲食店があります、これから夏に見学した後で冷たい「ぜんざい」でもいかがですか。

(島添大里グスク地区の歴史文化資源)の写し

島添大里グスク地区の歴史文化資源の写し

最後に、「島添大里城跡保存管理計画書」の中から(島添大里グスク地区の歴史文化資源)地図の写しです。城跡を訪れる際の参考にどうぞ。

ページの先頭へ戻る  元へ戻る   グスク一覧  写真集一覧

inserted by FC2 system