(チネングスク)

知念グスク

所在地:南城市知念字知念
世界遺産の候補として最後まで残っていたと言われる知念グスク、岩山の野面積みの古(クー)グスク と切石積みの下側の新(ミー)グスクからなる新旧二つの顔を持つグスクです。先ずはじめに、改修前と改修後の写真を見比べて下さい、撮影位置がずれていますが、 貴方はどちらの雰囲気が好きですか・・・

改修前の正門

.

この写真は2004年の撮影で、古城の雰囲気があり、お気に入りの写真の一つです。

改修後の正門

.

史跡保存の為の改修工事で立派に復元されていますが、個人としては改修前の雰囲気が好きですが・・・

改修前の裏門

.

これも2004年の撮影で、適度に雑木が残り古城の雰囲気が出ています。

改修後の正門

.

やはり正門と同じで、周りの雑木がないせいか・・・

改修前のグスク内

改修前のグスク内

改修前のグスク内の写真です。👆~拡大します。

改修後のグスク内

改修御のグスク内

改修後のグスク内のパノラマ写真です。ウーンやはり雑木のないせいかもしれない・・・👆~拡大します。

★新グスク★へ

.

知念グスクの駐車場で、かなりの広さがあります。

グスクへ

.

駐車場の道向かいにあるグスクへの入口です。

標識

.

入口脇にある標識です。

グスクのイラスト

.

同じく、グスクのイラストです。

グスクへの道

.

グスク入口からほぼ真っ直ぐなかんじで、アスファルト道路が続いています。

ノロの屋敷跡

.

グスク手前の道路脇にある、ノロの屋敷跡です。

ページの先頭へ戻る

改修後の城壁

.

城門脇から裏門へ続く、改修後の城壁です。

改修後の城壁

.

改修後の裏門近くから見た城壁です。

グスク内

.

グスク内の写真で、改修前の西側の城壁です。

グスク内

.

上記と同じ西側の城壁です。

ページの先頭へ戻る

グスク内

.

これも上記と同じ西側の城壁で、グスク内の南側から撮影した写真です。

グスク内

.

グスク内の西側から撮影した、南側の城壁です。

グスク内

.

グスク内の東側から撮影した、南側の城壁です。

拝所

.

グスク内裏門辺りにある「焚字炉(フンシロー)」と記載された拝所です。

拝所

.

上記と同じ拝所を拡大したものです。

拝所?

.

正門から入って左側の崖下にある拝所?墓跡?・・・

★古グスク★

古グスクの概略図

古グスクの概略図で、図の中のイビ?は久高島への遥拝所、崖下の拝所の図示はハッキリとは分かりませんので、位置確認程度で見て下さい。👆~拡大します。

古グスクへ

.

新グスクからみた古グスクの丘陵です。

古グスクの入口

.

このグスク入口は、戦時中に日本軍が陣地壕を作るために掘られた穴で、未完成のまま途中で放棄されたとのことです。 この陣地壕築造のために、かってのグスク入口が完全に失われています。

グスク入口

古グスクの入口

現在、古グスクへは、この写真の左画の崖状の所を上って入ります。👆~拡大します。

ページの先頭へ戻る

グスク内から

.

グスク内に入った所から、入口を撮影したものです。

グスク内

グスクの内部

グスク内に入った所から撮影したものです。3段位に見える斜面状になっているように見えます。👆~拡大します。

グスク内

.

この写真は下の3段目から入口のほうを撮影したものです。

グスク内

.

これは、中段の2段目から撮影したものです。

グスク内

.

これは、一番上の方から撮影したもので、段差のついた斜面状になっているのが分かります。

グスク内

最頂部の広場

古グスクの一番高い上の広場です。平場になっていますが、露出した石灰岩が多く、まとまった広場はないようです。👆~拡大します。

グスク内

最頂部の広場

これも上記と同じ広場を向きを変えて撮影したものです。👆~拡大します。

遥拝所

最頂部の遥拝所

最初は、イビかと思っていましたが、あとで久高島への遥拝所と知りました。👆~拡大します。

東側の崖沿い

東側の崖沿いに残る城壁

頂上部の広場端から撮影した、東側崖沿いの斜面です。野面の石積みが残っています。👆~拡大します。

北側城壁

.

北側の城壁です。。

ページの先頭へ戻る

北側の城壁

.

上記の写真と同じ北側の城壁です。

北側の城壁

.

これも上記と同じ北側の城壁です。

正門へ続く城壁

.

北側の崖沿いから正門へと続く城壁です。

正門へ続く城壁

.

城壁は正門へと続いており、先に正門脇の城壁が見えます。

古グスクへ続く城壁

.

正門脇から古グスクへと続く城壁です。古グスクの北側城壁が見えれば絵になると思いますけど・・・

ページの先頭へ戻る

東側の城壁

.

東側の崖沿いに残る城壁です。

東側の城壁

.

これも上記と同じ東側の城壁です。

東側の城壁

.

これも同じ東側の城壁です。

西側の城壁

.

新グスクの正門を入って左側の崖沿いに残る城壁です。

西側の城壁

.

これも上記と同じ、西側の城壁です。

ページの先頭へ戻る

西側の城壁

.

上記と同じ西側の城壁で、原形を保っています。

正門と古グスク

正門と古グスク

正門と古グスクの写真です。👆~拡大します。次は知念ウッカーへの案内です。

★知念ウッカー★へ

.

新グスクの裏門を出て左側の古道(大手道)を辿って行くと知念ウッカーに出ます。「東御廻り」の聖地の一つです。 古道らしく所々に石段と石畳が残っていおり、距離にして約140m位で知念ウッカーに着きます。

古道脇の屋敷跡

.

古道の脇に残る屋敷跡です。明治に間切番所が久手堅の方に移り、その後集落も麓に移ったそうで、屋敷跡だけがかっての知念集落を 偲ばせます。

道の途中から

.

下った先に、知念ウッカーとその駐車場が見えて来ます。

道の途中から

.

上記と同じ位置から振り返り撮影した道で、古道らしく石畳が残っています。

知念ウッカー

.

「東御廻り」の聖地の一つ「知念ウッカー」です。

ページの先頭へ戻る  元へ戻る   グスク一覧  写真集一覧

inserted by FC2 system