(ヤラグスク・屋良大川グスク)

屋良グスク

所在地:嘉手納町字屋良(屋良城址公園)

比謝川南岸の丘陵上に築かれたグスクで、北川は断崖絶壁、東西は窪地で断ち切れ、南側は緩やかな斜面と なった地形にあります。郭の配置は公園入口に説明板があり縄張り図が図示されています。
伝わる按司として一説では、「御先大川」と呼ばれる屋良大川按司が五代続き、その五代目に後継ぎがいなかったため、 安慶名大川按司の二男を婿養子に迎えたそうで、その安慶名大川按司系が三代続き「後大川」と呼ばれているそうです。

屋良グスク!  
 撮影:屋良城址公園の入口

  ★グスクの概要

  史跡指定:ナシ

    ・築城者:仲昔今帰仁按司五男、初代屋良大川按司

    ・築城形式:連郭式

    ・標高:約38m

    ・面積:?


案内地図

屋良グスクへの案内図

屋良グスクへは、嘉手納ロータリーを知花向けに約650m程進んだ
先の交差点を左折し、さらに道なりに約400m余り進んで変電所の
ある交差点にでます。左折した先の右側が城址公園です。

一の郭

.

一番高い位置にある一の郭跡です。米軍の燃料タンクがあった場所
です。

四ノ郭

.

一番低い位置にある四ノ郭で公園入口もここにあります。

ニノ郭崖下の比謝川

.

ニノ郭の拝所「屋良城の嶽」背後から撮影した比謝川です。この崖下
に「御先大川按司」の墓があります。

三の郭

.

一の郭より見た三の郭です。

説明板

.

由来や縄張り図が記載されています。

ページの先頭へ戻るグスク一覧へ戻る

inserted by FC2 system