(セナガグスク、シナガグシク)

瀬長グスク

所在地:豊見城市瀬長島

瀬長島は、那覇空港南側にある小島で、その島の東側に瀬長森と呼ばれる小高い丘があり、その中でも 一際高くなった所に瀬長グスクが築かれていたといいます。戦前まで瀬長の御嶽と呼ばれる大岩の周りに、城壁の 跡が僅かに残っていたそうですが、戦後、米軍の弾薬庫となったために島の地形が変貌し、グスク跡も失われた ようです。現在では遥拝所だけが崖下に残るだけです。
最後の城主は、南山王の三男が瀬長按司となり瀬長グスクに配されますが、南山滅亡のおり中山軍の攻撃を受けて 落城したそうです。水攻めであったと伝わります。

瀬長グスク!  
 撮影:遥拝所の位置と標柱。

  ★グスクの概要

  史跡指定:ナシ

    ・築城者: ?

    ・築城形式:?

    ・標高:  ?

    ・面積:  ?


案内地図

瀬長グスクの位置図

現在、大型リゾートホテルが建ち、島内一周の道路や駐車場が整備
されリゾート地となっています。唯一島内入口の一角に瀬長グスク
の標柱が草に埋もれそうになりながら建っているだけです。

遥拝所の手前から

.

瀬長島に着く手前からの撮影です。左側が駐車場になっており、正
面の崖下に遥拝所があります。

遥拝所の内部

.

遥拝所から振り返って入口側を見ました。

瀬長島

.

国道331号線の瀬長交差点を瀬長島向けに進むと、瀬長島のつけ
根の遥拝所のある一角に着きます。道路途中の頭上を那覇空港へ
離発着する飛行機が通るので必見です。

瀬長グスクの遥拝所

.

標柱の建つ入口から斜面に登ると崖下に拝所があります。

ページの先頭へ戻るグスク一覧へ戻る

inserted by FC2 system