(ニジャミグスク・インジャミグスク・ウィグスク)

根謝銘グスク

所在地:大宜味村字謝名城(小字城)

根謝銘グスクは、謝名城の東南丘陵上にあり周囲は断崖と急傾斜からなる要害の地に築かれたグスクで、 最も高い位置の郭に大城(ウフグスク)の御嶽があり、その下の郭に神アシャギと中城の御嶽がある。遺構としては、 神アシャギ・拝所・井戸・石積み等が残っており、東南側に尾根を断ち切った堀切等がある。
・国頭按司
このグスクは、国頭郡誌で(一名上城とも称し、往昔中山英祖王の末裔大宜味按司の居城なりしといふ) 大宜味按司の居城と云われている一方で、出土遺物等から北山攻略に参加した国頭按司の居城説という2つの 説を持つグスクである。

根謝銘グスク!  
 撮影:根謝銘グスクの神アサギ

  ★グスクの概要

  史跡指定:ナシ

    ・築城者:伝承では、国頭按司と大宜味按司

    ・築城形式:連郭式

    ・標高:約110m

    ・面積:?


案内地図

根謝銘グスクへの案内図

グスクへは、小字城のノロ殿地の敷地を通り民家の背後を回り込
むように丘陵方向へ進む、しばらく歩くとグスクに取りついた急
傾斜の階段が現れる、登ればグスクだ。

グスクへの道

.

民家が途切れた辺りに畑があり、その左脇にグスクへの道が続
く、畑の側にポツンと拝所がある。

グスク内の通路

.

階段を登った辺りが虎口と思われるが、門の遺構らしきものはな
い、「大城の御嶽」のある最頂部を左に見ながら進むと神アサギ
のある広場の石段前に出る。

崩れ落ちた石積み

.

「大城の御嶽」のある郭の西側斜面、崩れ落ちた石積みがゴロゴ
ロしています。

村の神屋

.

道路の行き止まりが「村の神屋」前広場だ、後は車を降りて敷地内
を回り込むようにしてグスクを目指します。

グスクへの石段

.

丘陵の斜面を削って作られた階段、左側が急傾斜の斜面で、右側も
急傾斜の斜面となっている、登ればグスクだ。

大城の御嶽への石段

.

神アサギの脇に「大城の御嶽」に続く石段が取り付いており、登れば
「大城の御嶽」のある郭です。

野面積みの石積み

.

神アサギのある広場の北東側の崖沿いに残る城壁、野面積みです。

ページの先頭へ戻るグスク一覧へ戻る

inserted by FC2 system