(ナカエマグスク)

仲栄真グスク

所在地:南城市玉城字富里

第一尚氏王統「尚泰久王」の四男「八幡加那志」の居城と伝わります。このグスクを築いたのは 叔父の豊見城按司と言われ、田舎下りした八幡加那志にグスクを増築させたと伝わっています。
現在では、駐車場脇の小さな丘陵に僅かに城壁が残っているだけで、在りし日のグスクの姿をイメージ するものは残っていません。

仲栄真グスク!  
 撮影:陸上競技場の駐車場脇に残る仲栄真グスク

  ★グスクの概要

  史跡指定:ナシ

    ・築城者:伝承では、八幡加那志の叔父
         豊見城按司

    ・築城形式:連郭式

    ・標高:?

    ・面積: ?


案内地図

仲栄真グスクの位置図

グスクへは、南城市市役所前を通過して陸上競技場へ向かい、その
駐車場に入る、駐車場脇の一帯がグスクとなっています。

駐車場の西側

.

駐車場西側の大岩上にも城壁が残っているらしいが確認出来ません
でした。これはその大岩下への道です。

屋敷跡?

.

大岩の間を通って出た広場です。グスクの側にあると言われる「主
ヌ前殿内」跡でしょうか?、ハッキリしません。

残る城壁

.

駐車場脇の丘陵に僅かに残っている布積みの城壁です。

大岩の下への道

.

大岩の間を通って進むと正面に広場が見えてきます。

グスクを望む

.

尚泰久王の長女「百度踏揚}と二男「三津葉多武喜」の墓を
訪れた時に振り返って見たグスクです。

ページの先頭へ戻るグスク一覧へ戻る

inserted by FC2 system