グスクへの道標

沖縄本島のグスク案内サイト
沖縄の各地に残るグスクには、魅力的なグスクがたくさんあります。晴れた日には友達誘ってグスク探訪に 出掛けてみませんか。


ロゴ画像

撮影:石原グスクの丘陵

沖縄県:豊見城市位置図     

石原グスク(豊見城市)


(イシハラグスク)
所在地:豊見城市翁長

★グスクの概要

    ・史跡指定:ナシ

    ・築城者:?

    ・築城形式:??

    ・標高:約50.0m

    ・面積:?


●グスクの位置については、「沖縄グスク分布調査報告書」の中で「豊見城村字保栄茂部落の西端、翁長 集落に通じる道路の北西側をさす。・・・}と記述され、さらに「御嶽によるグスク分布図」でも今回記載した 地点辺りを指しているようにみえますので、この地点の遺跡を紹介します。間違っていたらごめんなさい 。
なおグスクについては「沖縄グスク分布調査報告書」を参照してください。


案内地図

写真1

保栄茂公民館脇を通り渡橋名向けに進むと、左側に翁長集落に通じる道路があり、左折して入ります。約180m位進むと右側の民家脇にグスクへの道があり、入って右側がグスク?になっています。

グスク概略図

写真2

民家の側の脇道を通りグスク内に入ると、左側の一段と高くなった所に「火ノ神」のある広場があり、道路右側は「ニシンダ」御嶽の広場で、その先下り坂右側に「ウフタキ」の拝所があります。

写真3

翁長集落入口を入り少し進むと、前方右側にグスクの森が見えて来ます。

写真4

火ノ神の拝所です。線香が新しく拝所として生きています。

写真5

翁長集落入口から約180m位進んだ右側のグスク入口です。通り過ぎて振り返って見た入口です。※車の中からの撮影で縫いぐるみが映ています。心霊写真ではありません。

写真6

民家脇の入口です。正面の森が「火ヌ神」のある所で右側の道に入ると広場があり、ニシンダの拝所があります。更に道を進むと「ウフタキ」が右側にあり、正面に渡橋名団地が見えます。

写真7

グスク入口を入った右側の広場の奥にニシンダの拝所があります。

写真8

グスク入口を更に奥に進むと右側にウフタキ入口があります。正面に渡橋名団地がみえます。

写真9

ウフタキ(大御嶽)の拝所です。

写真10

ウフタキの正面は、なだらかな斜面となっており畑が広がっています。


ページの先頭へ戻る

copyright© 2018 Hirata chikudono Pechin All Rights Reserved.

inserted by FC2 system