グスクへの道標

沖縄本島のグスク案内サイト
沖縄の各地に残るグスクには、魅力的なグスクがたくさんあります。晴れた日には友達誘ってグスク探訪に 出掛けてみませんか。


ロゴ画像

撮影:伊敷グスクの城壁

沖縄県:糸満市位置図     

伊敷グスク


(イシキグスク)
所在地:糸満市字伊敷

★グスクの概要


●伊敷グスクは、伊敷集落の北側標高約60mの石灰岩丘陵上に築かれており、北側は断崖、東南側は急傾斜地、 西側だけが平坦になった地形にあり、城門もここに開いています。単郭式と見られている城郭は城壁が良く残り古城を 偲ばせます。このグスクも、築城時期や築城者が不明のグスクです。


案内地図

写真1

伊敷公民館に向かって左側に脇道があります、左折して道なりに進めば大きなビニールハウスの横に出ます。その脇にグスクへの入口が開いています。

概略図

写真2

グスクの遺構が良く残っているグスクです。城壁や拝所、井戸跡等が残っています。

写真3

国道331号線から伊敷集落向けに進み、集落入り口で左折して集落に入ります。

写真4

そのまま進むと、伊敷公民館前に出ます。矢印方向に左折して進むと、グスク入り口のあるビニールハウス横に出ます。

写真3

公民館横の脇道を入り、道なりに進むとビニールハウスのある所に出ます。中央奥にグスクへの入口が見えます。

写真4

ビニールハウスの横にすぐに分かる入口が開いています。車は入口の脇に邪魔にならないように止めてグスクへ向かいます。

写真5

こんなに広くて歩きやすいグスク道は丘陵では珍しいです。ワクワクしながら歩いて行来ます。

写真6

それにしても本当に広い道が続いています。

写真7

グスク入口です。城門跡が見えます。

写真8

城門跡からグスクの内部を見ました。右端に井戸跡の拝所が見えます。

写真9

城門跡の左側に残る城壁です。

写真10

東側に残る城壁です。

写真11

東側の城壁で原形を保っています。

写真12

南側の城壁です。雑木に覆われていますが何とか見えます。

写真13

伊敷グスクには4つの拝所があると言われており、これは北側の崖の先端部にある拝所です。

写真14

城門跡を入った左側の奥にある拝所です。伊敷集落がアブシバレーなどで拝んでいるそうです。


ページの先頭へ戻る

copyright© 2018 Hirata chikudono Pechin All Rights Reserved.

inserted by FC2 system