グスクへの道標

沖縄本島のグスク案内サイト
沖縄の各地に残るグスクには、魅力的なグスクがたくさんあります。晴れた日には友達誘ってグスク探訪に 出掛けてみませんか。


ロゴ画像

撮影:国吉グスクの入口と丘陵

沖縄県:糸満市位置図     

国吉グスク


(クニヨシグスク、クニシグスク)
所在地:糸満市字国吉

★グスクの概要

    ・史跡指定:ナシ

    ・築城者:伝わる城主は、国吉大屋久

    ・築城形式:連郭式

    ・標高:約72m

    ・面積:?

    写真集を見る(47枚)


●南山城跡の南西方向、直線距離で約700mの琉球石灰岩丘陵上に築かれたグスクで、 南山滅亡の一因となった「嘉手志ガーと金屏風の交換」の時にこれに反対し、時の南山王 「他櫓毎」に忠告したために閉門を言い渡された「国吉大屋久」の居城、又、中城グスク の城主護佐丸の子「盛親」をかくまい養育したグスクとしても有名である。遺構の保存状態 も良くアザナが特長のグスクです。


案内地図

写真1

南山城跡から国吉集落に向かい、国吉集落に右折して入ります。約130m位進むと右側にグスクへの道があります。

グスクの概略図

写真2

グスクは連郭式のグスクで、ニノ郭は東側にアザナがあり井戸は今も水をたたえています。西側の高い所が一ノ郭となっています。※井戸跡は間違っていたらごめんなさい。

写真3

南山城跡から国吉集落に向かい、右折して集落内の道路に入ると約130m位進んだ先の右側にグスクへの道があります。

写真4

グスク入口からグスクへの道が真っ直ぐに延びており、右側に井戸、その先にグスクの説明板が見えます。

写真5

グスク入口の道路から真っ直ぐに進んだ先の説明板と、右側にグスク道が見えます。

写真6

説明板の横を通って行くと、左に井戸があり、さらに奥に道が続いています。

写真7

グスク道を進んで行くと、道が二つに分かれています。グスクへは左側の道を行きます。

写真8

グスク道を左側に入り進むと視界が開け、グスクの崖下を通る石畳道が城門跡に続いています。

写真9

城門跡へは大きく右カーブして入ります。入ればニノ郭が広がっています。左側に拝所、奥の石灰岩の岩山がアザナです。

写真10

城門跡を入ったニノ郭内部です。右側の崖上の城壁が奥のアザナまで続いていいます。

写真11

ニノ郭内北側の拝所、南山城跡に向いています。他に城門跡横や城門入口の脇等 に拝所が点在しています。

写真12

城門跡へ向かう途中の右側崖上の城壁です。

写真13

ニノ郭の北側にある拝所後方の城壁です。

写真14

一ノ郭の内部状況です。

写真15

一ノ郭の城門跡?らしい所の横にある城壁です。

写真16

国吉グスクの特徴的なアザナの写真です。


ページの先頭へ戻る

copyright© 2018 Hirata chikudono Pechin All Rights Reserved.

inserted by FC2 system